赤帽の軽トラックに荷物を無駄なく入れる方法

 

赤帽の軽トラックを使って引越しをして貰いました。

 

軽トラックのサイズは一人暮らしの基本的な荷物が入る位なので、荷物整理は必須です。

 

なんといっても、まずいらないものを捨てることです。

 

引越し前の捨てる作業は、粗大ゴミになるものも多いので、早めに始めるといいです。

 

実際は、すべて不要品を捨てたつもりでも、実際の引越しのタイミングで、「こんなところにこんなものが」ということで、不要なものを運んでしまうことも多々あります。

 

受け入れ時に、ダンボールをどこに置くかという指示を出す必要があるので、各ダンボールをどの部屋に搬入するか決めておくと、あとで自分でダンボールの移動をする必要がなくなり便利です。

 

また、これは業者から指示がありますが、本のような重いものは小さいダンボールに、洋服のような軽いものは大きなダンボールにいれる必要があります。

 

ただ、小さいダンボールだからとぎっしり本を入れると重すぎる場合もありますので、ダンボールの数は多くなりますが、ある程度いれたら、上に紙などで空間を埋めたほうが、運びやすくなります。

 

最近は、ハンガーにかけたまま運べるダンボールのサービスなどもありますが、一見便利なようで、横にして入れるのに比べて、嵩張りますし洋服がハンガーから落ちて、バラバラになったりすることもありますので、私はダンボールに普通に重ねて入れることをお勧めします。

 

また、赤帽は当日スタッフさんと一緒に荷物を運ぶ形式になっております。

 

自分が誰かと一緒に持てるか…を考えて梱包すると当日楽になるかもしれませんよ。

 

赤帽引越し体験談

 

赤帽で引越しを終えました。

 

以前使った業者ではちょっと嫌な事があって敏感になっていましたが、とっても丁寧で話しやすい雰囲気を出してくれたので後悔なく引越しを終えることができました!

 

以下、以前使った業者の困った体験談です。

 

カタログのようなものにあったシューズボックスも、利用したコースに含まれていると思っていたら、含まれていなかったようで、移動直前に靴箱に靴が残っていることに気が付き、あわてて作業員の方の車を止めて引っ越し先への移動を待って頂き、靴を段ボールに詰め込んで運んでもらいました。

 

あやうく、大量の靴を自分で引っ越し先まで運ぶはめになるところでした。

 

契約時、確認不足だった自分も良くなかったとは思いますが、スケジュールが詰まっていたのか、サクサクと進めらていた印象で質問がしずらかったですし、
引っ越し当日も、スケジュールがあるのでスピーディーに作業するのもサービスだと思いますが、最後一緒に運び出し完了確認などして頂けたらもっと良かったと思います。

 

 

次の引越しについて

 

赤帽にある軽トラックのサイズやサービスなど

次は、静岡県静岡市に引越したいですね。

 

今まで海のない地域に住んでいたため、初めて静岡県に遊びに行った際潮の香りに感激しました。

 

ファミリーが多くいる浅めの海岸もあり、カップルや夫婦だけでなくお子様も連れて安全に海で遊ぶことができます。

 

また静岡県には日本で唯一シーラカンスが見られる深海魚水族館があります。

 

シーラカンスだけでなく、女優さんが好きだとのことで有名になったオオグソクムシやヌタウナギなど見たのとのない生き物達ばかりでとても楽しめます。

 

またヌタウナギに関してはある時間になるとスタッフの方がヌタウナギの水槽をかき混ぜヌタだらけになるというショーもやってくれます。

 

そのようないろいろなところで魅力を見せてくれる場所ですが、私が一番好きなところは、都会すぎないところです。

 

ちょっとした田舎っぽさも魅力の一つではないかと思います。